本文へ

卒業生教員がゲストスピーカーとして「教師の魅力」について講演

2024.06.04

卒業生教員がゲストスピーカーとして「教師の魅力」について講演

 井上省三非常勤講師?キャリアアドバイザーが担当する小学校教育(夜間)5年専攻の授業「キャリアデザイン(自己表現)」で、2人の卒業生教員をゲストスピーカーとして招き、教師の魅力に関する講演会を天王寺キャンパスで行いました。講演会は5月14日(火)と28日(火)の2回にわたり実施し、教師をめざす学生約50人が受講しました。

 1日目の講演会では、箕面市立西小学校の押谷大輝教諭が登壇し、在学中の経験と卒業後の海外でのボランティア等の経験を踏まえて、それらが教職にどう生きているのか、そしてどのような魅力があるのかを語りました。
 講演後のアンケートでは「マイナス面ばかりが報道されており、教職への不安がありましたが、現職の先生の話や生き生きと話している様子から教師の魅力を知ることができ、より教職への想いが強まりました」「大学での多くの経験が現場で生きることを知り、色々なことに積極的に挑戦しようと思いました」などの感想が寄せられました。

 2日目の講演会では、大阪市立五条小学校の黒岩真里子教諭が登壇し、大学祭等の学内行事の実行委員会で委員長を務めた経験をどのように生かしているのか、またそれらの経験を生かした指導を経て成長する子どもの姿を紹介しました。加えて、産育休を取得した経験を踏まえて、福利厚生面から見た教師の魅力を学生たちに伝えました。
 講演後のアンケートでは「産育休復帰後の働き方の柔軟性など、新たな視点で教師の魅力を知ることができました」「実行委員会での経験が教職にどう生きるのかを聞くことができ、自分も実行委員会をやってみたいと感じました」などの感想が寄せられました。

 

講演を行う押谷教諭
講演を行う押谷教諭

講演を行う黒岩教諭
講演を行う黒岩教諭

 

(初等教育部門?天王寺地区総務課学務係)